実績ゼロ「Webライターが月1万円」稼ぐためにやるべき事

Webライターを初めてみたものの、実績がなく、なかなか収入を得られない」

と、お悩みではありませんか?

筆者もWebライターを始めたばかりの頃は、ひと月に2,000円しか稼げず、心が折れそうになりました。でもご安心ください! しっかりと手順を踏めば、初心者でもひと1万円を稼ぐことは可能です。

今回は、実績ゼロだった筆者が、まず月に1万円を稼ぐまでにやったことをお話します。

 

初心者Webライターの報酬相場

初心者Webライターの報酬相場は、1文字でおよそ1円です。

しかし、現実では「クラウドワークス」や「ランサーズ」など(業務委託の仕事をインターネット上で受発注できるマッチングサイト)でも0.1円〜0.5円の初心者向け案件が山ほどあります。

文字単価が1円未満の案件のなかには、記事を納品後、修正箇所などのフィードバックがないものも多く、それではライターとしての成長が見込めません。

また、たくさん書いても報酬が労力に見合わないため、モチベーションを保つのが難しいです。

1円未満の案件は最初の実績作りのためと割り切り、なるべく早めに1円以上の案件に移行することをおすすめします。

 

Webライターが月に1万円稼ぐまでにやるべきこと

実績ゼロの初心者Webライターが、何の予備知識もなく案件に応募して仕事を得るのは難しいです。

なので、案件に応募する前にしっかり事前準備をしておきましょう!

ここからは筆者の経験から、まずは月に1万円を稼ぐためにやってきたことをまとめてお伝えします。

最低限のことは事前に勉強する

文章力に自信がある人でも、Webライターを始める前には必ずWebライティング特有の知識を学んでおきましょう。

なぜならWeb記事の執筆は、多くの場合、自身の個性や考えを反映できる小説とは書き方が異なります。

Web記事を作成するための作業の配分は「リサーチ:執筆=8:2」ともいわれ、Web特有の書き方や情報収集力などのテクニックが必要です。

近年ではWebライター向けの書籍や講座も多数あるので、自分に合った方法で学習しておくとよいでしょう。

■おすすめの書籍:

・沈黙のWebライティング

・新しい文章力の教室

■おすすめの講座:

クラウドワークスでもWebライター検定3級〜1級の資格があり、2級以上は講座とセットで受験ができます。これからWebライターを目指す方にもおすすめです。

・クラウドワークス公式WEBライター検定3級は
こちら

・クラウドワークス公式WEBライター検定2級は
こちら

実績を作るための準備をする

Webライターは実績のない状態から、最初の1案件を獲得するのが難しいもの。

なぜなら発注する側からすれば、実績のないライターは実力がわからず、採用するにはリスクが高すぎるためです。

逆にいえば、どの程度の文章力があるかを判断するのに十分な資料さえあれば、初心者でも採用率がぐっと上がります。

まだ実績がないからといってあきらめず、まずは自分の実力を示せるサンプル記事を用意することから準備をしていきましょう。

hope
筆者が実際にやって効果があったサンプル記事の作り方をご紹介します!

1)クラウドワークスの募集を1ページ目から最後まですべてに目を通す

2)自分が得意な(または興味のある)ジャンルをいくつかピックアップ

3)各案件に求められる納品形態 (Google ドキュメント、Word、Wordpress など)ごとに仕分け

4)ジャンルx納品形態で分けた数パターンに対して、それぞれサンプル記事を書く(執筆キーワードは自分で仮に設定します)

作ったサンプル記事はポートフォリオ(自分が執筆した記事)として、応募の際に発注者に提出します。「サンプルとして書いた記事です」とひとこと添えるのをお忘れなく!

筆者の場合は、この方法によりテストライティングなしでお仕事をいただくことが増えました。

手間はかかりますが、記事を書く練習にもなるので、執筆実績がない初心者Webライターにおすすめの方法です。

とにかくたくさんの案件に応募する

サンプル記事が出来たら、とにかくたくさんの案件に応募してみましょう。最初の1案件を獲得するまでは、20件ほど応募してやっと1案件取れるのが当たり前です。

なので、たとえ続けて不採用になっても落ち込む必要はありません。

とにかく数をたくさん応募して1つでも案件が取れたら、次の案件は比較的受注しやすくなります。

最初に受注する仕事としておすすめするのが、前述した「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのお仕事マッチングサービスの案件。

システム利用料は発生しますが、仕事の発注者とワーカーの仲介役として確実に報酬を回収してもらえるので初心者には安心です。



継続して案件を受注できるようになるまで続ける

案件を獲得しても、すぐに1万円を稼げるわけではありません。

Webライターのお仕事には、継続して仕事を依頼してもらえる「長期案件」と「単発案件」があります。

「長期案件」の場合、1記事目のクオリティーによって、その後も継続して仕事がもらえるかどうか決まるのが一般的。

そのため、初心者のうちは継続して仕事をもらえるまでに時間がかかるかもしれません。

納品した記事の修正点をしっかり分析、改善して記事の質を上げていけば、継続して仕事を受注できるようになるでしょう。

そこまでたどり着けば、例えば1週間に1記事2,000円の契約だったとしても、月に1万円は安定して稼げるようになります。

 

おわりに

Webライターは近年、在宅ワークとして未経験からでも始められると人気の職業です。

しかし実際には、最初の1案件が取れないまま挫折する人が少なくありません。

Webライターとして安定して収入を得るには、副業であってもしっかり事前に準備をし、絶えず学習する向上心が必要だということですね。