「Webライターってどんな仕事?」仕事の種類や収入も紹介

Webライターってどんな仕事? 必要なスキルは? ぶっちゃけ収入はどれくらい?

このような疑問をお持ちではありませんか?

この記事では、Webライターの仕事内容や必要なスキル、収入について詳しく解説します。

 

Webライターってどんな仕事?

green cactus plant on white table

Webライターは“Web上で文章を書くこと”が仕事。

新聞や雑誌などの紙媒体で記事を書くライターと区別するため、Webライターと呼ばれています。

何気なく目にするニュース記事やWebサイトの記事もWebライターが執筆しています。

hope
ネットで記事をよく読まれる方は、仕事のイメージがつかみやすいのではないでしょうか?

Webライターの働き方は主に2つ

続いて、Webライターの主な働き方を見ていきましょう。

企業のWebライター

企業に社員として勤めながらライティングを担当。

毎月一定の収入を得ることが可能です。

企業の社員として働くため、ライティング以外の仕事もこなさなければいけません。

企業で社会人経験を積みたい方にオススメです。

フリーのWebライター

クライアントと案件ごとに契約を結びます。

時間や場所に縛られることなく、自由度の高い働き方が可能です。

ただし、契約が取れなければ収入はゼロ。

はじめのうちは収入が少ないですが、経験を積みスキルを身につけることで収入アップが期待できます。

 

Webライターの仕事は主に5種類

macbook pro on persons lap

一口にWebライターといっても仕事の種類はさまざま。

ここでは仕事を5つ紹介します。

はじめは、いろいろな仕事にチャレンジして自分に合ったジャンルを見つけましょう。

①コラム

テーマに対して根拠をもとに自分なりの見解を主張する文章を書きます。

例えば「健康にいいオススメ朝ごはん3選」「美容と睡眠の関係」などもコラムに含まれるんです。

医療や不動産など専門的知識が必要なジャンルは単価が高いですが、特に知識が無くてもリサーチすることが得意であれば執筆できますよ。

②ニュース

新聞やテレビで取り上げられているニュースをWeb上で発信します。

Yahoo!ニュースやスマートニュースなどがイメージしやすいのではないでしょうか。

執筆には、速さと正確性が求められます。

③アフィリエイト

特定の商品やサービスを売るための文書を書きます。

家電や健康食品などジャンルはさまざま。

初心者でも得意なジャンルで執筆が可能です。

④取材・インタビュー

テーマに沿った人物に取材・インタビューをして記事にします。

取材してから記事を執筆するため、単価が高い傾向にあります。

⑤シナリオ

ここ最近、YouTubeが激アツ!

動画用のシナリオを作成するシナリオライターの需要が高まっています。

求人も多く、初心者でもチャレンジしやすいのも魅力。

 

Webライターの収入はどれくらい?

Money, Profit, Finance, Business, Return, Yield

Webライターの収入が気になる方も多いのではないでしょうか。

クラウドワークス」によると、フリーのWebライターの平均年収は約300万円。

あくまで平均ですので、年収500万円を超えるWebライターもいれば年間で5万円にも満たないWebライターも。

専業ライターor兼業ライター、ライティングのレベルによって年収の差は大きくなります。

文字単価を上げよう!はじめは0.7円から

Webライターの収入は1文字〇円という文字単価によって決まります。

例えば

1文字0.5円×2,000文字=1,000円

1文字1円×2,000文字=2,000円

文字単価の違いで大幅な収入の差が。

経験を積み文字単価を上げることが収入アップにつながります。

はじめは0.7円くらいから始めて、徐々にスキルアップしていきましょう。

 

Webライターの仕事に必要な3つのスキル

Bulletin Board, Laptop, Computer, Stickies, Post-It

Webライターの仕事に必要なスキルは、次の3つがあれば大丈夫!

特別なスキルは不要です。

①タイピングやPC操作の基本スキル

WebライターはPCを使って仕事をします。

WordやGoogleドキュメント、WordPressへの直接入力などクライアントによって入稿の仕方は様々。

いずれにしても、PCの基本操作能力やタイピングスキルが必須です。

また、クライアントとやり取りをする際は特定の連絡ツールを使用します。

代表的なのが、Chatworkやzoomです。

どちらも無料で使えるので、あらかじめアカウントを作成しておきましょう。

②文章でのコミュニケーションスキル

ほとんどの場合クライアントと直接対面することはありません。

顔の見えない相手と文字でやり取りをします。

そのため、文章でのコミュニケーションスキルが必要です。

また、フリーランスは信用が第一!

クライアントへの報告・連絡・相談の徹底は絶対です。

hope
丁寧な言葉遣いを心掛け、曖昧な表現は避けましょう。

③継続力

はじめのうちはなかなか稼げず、気が滅入ってしまうことも。

また、スキルアップのための勉強も欠かせません。

途中で挫折してしまう人が多いのも事実です。

しかし、長い時間あきらめずコツコツ積み重ねることでWebライターとしての道が開けます。

あきらめずに継続する力が必須です。

 

Webライターになるための3ステップ

Stairs, Stages, Feet, Legs, Success, Gradually, Career

ここからは、Webライターになるための3つのステップを紹介します。

①基礎知識を身につける

まずは、Webライターになるための基礎知識を身につけましょう。

具体的には

・Webライターの仕事内容

・案件の獲得方法

などがあります。

どれも関連する書籍やウェブサイトを見るとすぐに得られる知識です。

ざっくりと基礎知識を身につけましょう。

②クラウドソーシングサイトに登録

Webライターが案件を獲得する方法はさまざま。

初心者はクラウドソーシングサイトに登録するのがオススメです。

hope
「クラウドソーシング」とは、Web上で企業や個人がワーカー(働きたい人)に仕事を発注できるサービスのことです。

ランサーズ」「クラウドワークス」「ザグーライティング」などがあります。

サイトによって、募集されている案件も異なるため複数に登録しましょう。



③案件を受注

習うより慣れろ! という言葉のとおり、案件をこなしながら文章の書き方を学びましょう。

気になる案件や、取り組めそうな案件があれば迷わず応募!

たくさんの案件に応募して、仕事を受注しましょう。

Webライターの仕事は未経験者にもオススメ!

Young Woman, White, Background, Portrait, Beautiful

Webライターの仕事は特別なスキルが無くても始めやすい仕事です。

Webライターの仕事に少しでも興味のある方はぜひ一度チャレンジしてみてください。