【初心者必見】Webライターは知識なしでスタートできる!

Webライターって知識が無くても稼げるの?」

こんなお悩みを解決します。

Webライターに挑戦しようと思っても知識がなくて大丈夫かな?と不安になってしまいますよね。しかし、スキルを身につければ知識なしの初心者でもしっかりと稼げます。

この記事では

・Webライターの仕事について

・知識なしのWebライターに求められるスキル

・案件を獲得するまでのステップ

について解説します。

今は特別なスキルがなくて大丈夫!こちらの記事を参考にしていただけたら幸いです。

 

Webライターって何するの?

Computer, Pc, Workplace, Home Office, Desktop Computer

Webライターとは、“Web上で文章を書く人”のこと。

読者に文章で情報を伝えるのがWebライターの仕事です。

ニュース記事や情報サイト、企業メディアなどさまざまな場所でWebライターは活躍しています。

ひとえにWebライターといっても、働き方はさまざま。

企業が抱えているWebライターもいれば、フリーランスとして活動しているWebライターもいます。

そして案件の多くが、受注から納品までの一連の流れをネット上で完結できるのが魅力。

時間や場所に縛られず働けるので、主婦の方や会社員の方の副業としても注目されています。

 

Webライターは知識なしの未経験でもなれるの?

Woman, Thinking, Question, Mark, Doubt, Faq, Problem

実際に知識が無くてもWebライターになれるのか気になりますよね。

ここでは、知識なしのWebライターが通用するのかお話しします。

知識なしでもWebライターの仲間入りは可能

基本的な正しい日本語が書けるのなら、Webライターの仲間入りができます。

実際に筆者も知識や経験ゼロからWebライターになりました。

案件の多くは、しっかりとリサーチに取り組めば対応できるものがほとんど。

なので、特別な知識やスキルは必要ありません。

お小遣い程度であれば1か月で稼げる

未経験者OKという案件も多くあります。

文字単価は0.3円や0.5円と低くなってしまいますが、お小遣い程度であれば稼げます。

案件の中には、丁寧にフィードバックをいただけるものもあります。

スキルアップにもつながるのでオススメ。

大きく稼ぐことは難しい

ただ、初心者がサクッと大きく稼ぐことは難しいです。

文字単価0.5円

文字数2000文字

このような案件に取り組んだ場合の収益は

0.5円×2000=1000円

初心者だと2000文字を執筆するのに2時間くらいかかります。

時給換算すると 500円/時間

最低賃金以下ですよね。

月5万円以上を大きく稼ぎたいのであれば、経験を積みスキルアップして高単価な案件を獲得する必要があります。

また、執筆スピードを上げることも収益を増やすためのポイントです。

 

知識なしWebライターに求められるスキルは3つ

photo of bulb artwork

知識なしの未経験Webライターといえ、お仕事を頂くからには最低限のスキルを身につけていたいですね。

ここでは、初心者Webライターに必要なスキルについてご紹介します。

①タイピングや基礎的なPC操作スキル

Webライターは基本的にPCを用いて仕事をします。

ミスなく文字を打つタイピングスキルや、Wordやネットなど基本的なPC操作スキルが必須です。

②根気強さ

Webライターはネットや本で調べたことを参考に文章を書きます。

膨大な情報の中から、必要な情報を探し出す根気強さが必要です。

また、ライティングに取り組むたびにクライアントからフィードバックがきます。

慣れないうちは、たくさんのフィードバックがくるため忍耐強く修正に取り組む力も重要です。

③文章でのコミュニケーション能力

Webライターの仕事はネット上で完結するものがほとんど。

顔の見えないクライアントとやり取りをするため、文章でのコミュニケーション能力が必須です。

クライアントとのやり取りをスムーズにするほか、Webライターとしての信用にも影響するのでしっかりと身につけましょう。

 

知識なしWebライターが案件を獲得するまでの3ステップ

Stairs, Stages, Feet, Legs, Success, Gradually, Career

Webライターになった後、案件を獲得するための3ステップについてご紹介します。

ステップ1 ポートフォリオをつくろう

ポートフォリオとは、簡単にいうと「作品集」のこと。

Webライターとしてどのような文章を書くかをクライアントに示す大切な資料です。

クライアントはお金を払って仕事を依頼します。

何の実績もないうえ、どんな文章を書くのかわからない相手に仕事を依頼しようとは思いませんよね。

ポートフォリオをつくり、Webライターとしてどのような文章を書くかをクライアントに示すことで、案件を獲得しやすくなります。

ポートフォリオは、WordPressで作成するのがオススメ。

お金がかかってしまうのが難点ですが、WordPressに直接記事を書いて入稿するという案件も多いため、使い方に慣れておくといいでしょう。

お金がかかるのはどうしても嫌という方は、無料の「はてなブログ」や「note」を使ってください。

ステップ2 クラウドソーシングに登録しよう

知識なしの未経験からWebライターになる人の多くが、クラウドソーシングから案件を受注しています。

実績を積むためにも、クラウドソーシングに登録しましょう。

ここでは、オススメのクラウドソーシング2つを簡単に紹介します。

①クラウドワークス

国内大手のクラウドソーシングサービスです。

ライティングの案件数も多く、文字単価や文字数も幅広いのがポイント。

実績を積みたい初心者にオススメです。

②ランサーズ

老舗クラウドソーシングサービス。

クラウドワークス同様、ライティングの案件数も多いです。

初心者でも安心してライティングに取り組めます。

↓こちらのリンクからどうぞ!

ランサーズ | 日本最大級のクラウドソーシング仕事依頼サイト

ステップ3 実際に案件を受注しよう

はじめのうちは、クラウドソーシングを使って案件に応募するのがオススメ。

まずは、安くてもいいので実績を1件つくりましょう。

それをもとに、だんだんと文字単価の高い案件を取っていくのが理想です。

自分の知識や経験のある分野だと文章も書きやすくなります。

 

webライターは知識がなくてもチャレンジできる!

Backpacker, Backpack, Mountain, Challenge, Raise

Webライターにはカンタンになれます。

しかし、決してラクな仕事ではありません。

はじめは知識がなくても向上心をもって取り組むことで、在宅で理想とする働き方ができるようになりますよ。