「Webライターはスマホ」で可能?他にどんな仕事があるの

結論から言うと、Webライターの仕事はスマホでは無理です。

最近では「スマホでできるWebライターの仕事」という広告をよく目にしますが、おすすめしません。

タマ
何故スマホでWebライタの仕事ができないのかニャ?

スマホでできるWebライターの仕事はないのかニャ~?

この2点を詳しく解説していきます。

スマホでWebライターの仕事ができない理由

まず、ザックリとWebライターの仕事の流れを説明していきます。

①「ランサーズ」や「クラウドワークス」などで案件を受注する

②記事に必要な情報をリサーチ

③記事の構成を考え執筆(Googleドキュメントならこの時点で文字の装飾を行う)

④適切な画像を探し必要であれば画像の修正

➄ワードプレスに入稿し文字の装飾

上記の通り、Webライターの仕事は「記事を書くだけ」ではありません。

これらを踏まえたうえで、スマホでWebライターの仕事ができない理由を説明していきます。



①リサーチに時間がかかる

Webライターに欠かせないのが、執筆に必要な情報収集(リサーチ)。

参考として他の記事を見ることがありますし、自分の知識だけで書けないものもたくさんあります。

例えば「〇〇年の〇〇県の人口は何人か?」を調べるのに、必要なのが厚生労働省などの公的機関のウェブサイト。

スマホの場合、必要な情報がどこにいったか行方不明になる場合があります。

パソコンであれば同時に複数のタブを表示できるので、必要な情報にたどり着くまで時間はかかりません。

②記事の執筆がしづらく時間がかかる

「自分はスマホを使い慣れてるから、パソコンよりもスマホのほうが速く書ける!」と思っている方はちょっと注意ですよ。

パソコンはキーボートと画面が分離しているため、表示範囲が広いですよね。

しかし、スマホだと画面が小さく、ずっと片手で打ち続けなければなりません。

また、文字の装飾や画像を探すのも時間と手間がかかります。

パソコンなら、記事を執筆しながら文字の装飾もサクサク!

画像探しも同時にできるので、パソコンでの執筆が勝ります。

③ワードプレスが使いにくい

Webライターの仕事で多いのが、ワードプレスというコンテンツ管理システムへの直接入稿。

プログラミングの知識がなくても記事の投稿ができるため、発注元はワードプレスを使っている方がほとんど。

ワードプレスは、文章入力や文字の装飾はカンタンですが細かい操作も多いです。

スマホ版のワードプレスアプリもありますが、非常に使いにくいのが現実。

ワードプレスは、パソコンで作業した方がスムーズです。

④体に負担がかかる

スマホで記事の執筆をしていると、どうしても感じるのが目の疲れ。

スマホはパソコンと比べて画面が小さく、自然に画面との距離が近くなりますよね。

スマホでの作業は「認知機能の低下」につながるといわれています。

最近、スマホの使いすぎが原因で、脳に異常をきたす人が増えているという指摘が、医師や研究者の間で相次いでいます。スマホによる「認知機能の低下」、「脳過労」とも呼ばれています。

出典:NHK

Webライターの仕事は、数分で終わるようなことはありません。

長時間画面を見るので、なるべく体に負担がかからない姿勢で作業しましょう。

ハッキリ言ってスマホでWebライターの仕事は無理です。

スマホでできる仕事は?

タマ
「スマホでできる仕事ってニャイのかニャ?」

仕事量は限られてきますが、全くないわけではありません。

長い文章を書くのではなく、短い文章を書いて報酬を得られる仕事もあります。

タスク作業



「ランサーズ」や「クラウドワークス」には、Webライターの仕事だけではなく「タスク作業」というものがあります。

タスク作業とは、

・商品のレビュー

・アンケート

・商品や会社のネーミング

・キャッチコピー

・商品の写真撮影

といった、スマホでもカンタンに作業できる仕事のこと。

募集人数も多く、すぐに仕事を始められるのが特徴です。

これなら長時間スマホを使うこともなく、身体への負担がかかることはありません。

他にスマホでできる仕事は?

スマホでの仕事探しは「indeed」をおすすめします。

・アプリ体験:
アプリを好きな時間に登録して、好きな場所で体験する仕事

・ゲーム実況:
好きなゲームをプレイして、その動画を配信する仕事

など、さまざまなスマホでできる仕事が掲載されています。

自分の環境に合った仕事を

スマホでWebライターの仕事は無理です。

Webライターの仕事を始めるならパソコンを用意しましょう!

しかし、スマホだけでできる仕事がないわけではありません。

求人サイトには、スマホだけでできる仕事がたくさんあります。ぜひ、探してチャレンジしてみてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事