定年退職

定年退職後の仕事おすすめは?定年退職前に考えてますか?

20代や30代の頃には、考えもしなかった定年退職という4文字。

同じ会社に長年勤務している人も、転職を繰り返して会社勤めをしている人も、サラリーマンには、いずれ定年退職の日が訪れます。

それにしても年月が経つのは早い。気が付けば、あっという間です。

定年退職後仕事はどうするか? 何をすれば良いか? おすすめは? など、私自身の体験や現在やっている事を紹介したいと思います。

 

仕事は定年退職前に考えよう!退職後では遅い!

こんにちは、hopeです。

私は、現在59歳で今年の10月に60歳になるので定年退職を迎えます。

現在の仕事は、コンビニエンスストア。この業界に入ったのが1998年ですから、もう22年…

そう、みなさんが毎日のように利用するコンビニでレジを打ったり、揚げ物を作ったり、商品を並べたり、新人さんを教えたり、といった仕事をしています。

タマ
コンビニにはタマが好きなおやつもあるニャー

60歳で今の仕事を卒業しようと考え始めたのが、去年の春頃。

自分にできる仕事は何か? 自分はどんな仕事をしたいのか?

日々考えていましたが、なかなか答えは見つかりませんでした。

こんな統計が公表されていました

引用:内閣府公式HP

平成28年に内閣府が調査したデータです。

驚くべき数字は、全体で「心配なく暮らしている」と答えている人が 64.6% もいるということです。

みなさんは、いかがでしょうか? 私の場合は「家計が苦しく非常に心配である」の部類に入りますので、どうしても働かないと生活できません。

タマ
タマも心配だニャー

 

60歳で再就職できるのでしょうか?

ハローワークや求人誌を見てみると募集している職種は、みなさんご存じの通りです。

一番多いのは介護系の求人ですね。

他には、ドライバー、さまざまな清掃員、建設現場作業員、土木作業員、警備員、水産物加工作業員、造園作業員、駐車場管理人、ガソリンスタンド店員、食器洗浄業務、スーパー店員、コンビニ店員、新聞配達、チラシ配布などなど。

タマ
どの仕事も体が大変そうだニャー

職種を選ばなければ、60歳以上でも仕事はあります。

定年後に現在の会社で再雇用されている方も多いですね。

定年が、65歳から70歳まで延長されそうですし、この選択も有りでしょう。

警備員の仕事は、警備業法を確認してから

もし、警備員の仕事を希望されるのでしたら、警備業法を確認しておくことをおすすめします。

(警備業の要件)
第三条 次の各号のいずれかに該当する者は、警備業を営んではならない。
破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者

引用:e-Gov電子政府

これに該当する方が少なくないようですので、ご注意を。

 

定年退職後は、どんな仕事がおすすめ?

ハローワークや求人誌を見ての通り、ほぼ全てが勤務先に行って、何時から何時までという労働時間を提供して、その対価としてお金をいただくパターンがほとんどです。

私の場合、数年前から考えていた事がありました。

外に出て働くのではなく、「何とか家で仕事ができないものか」と……

タマ
家でお仕事すればタマといっぱい遊べるニャー

でも、結局動けず何も決まらずで、何年も今の仕事を続けてきました。

ところが、ある日ネットを眺めていたらインターネットとパソコンがあれば、家でもどこでも場所を選ばずに仕事ができる!! というのを発見します。

在宅ワークでやろうと決めて、さらにいろいろ調べてみました。

タマ
ホントに家でお仕事できるのかニャ?

それができるのです。仕事がありますので、ご紹介しましょう。

 

インターネットとパソコンを使う仕事

クラウドソーシングといって、インターネット上で企業や個人が不特定多数の方々に業務を発注し、参加者は、その業務に対して自ら作業内容を提案して受注するというものです。

crowdsourcing = 群衆業務委託

クラウドワークスやランサーズが有名で、募集している業務は多種多様。

例えば、会社や商品の名前の募集、記事を書くライター、写真撮影や写真加工、動画撮影や動画制作、内職・軽作業、建築・不動産、声優やナレーション、BGMや効果音の作曲などなど、さまざまな仕事があります。

あなたに合った仕事が見つかるかもしれません! ぜひココから探してみてください。


Webライターという仕事

私が現在、副業としてやっている仕事です。

最初はランサーズにお世話になりました。

もちろん初めての経験なので、何をどう提案すれば良いのかさっぱり分かりません。

とりあえず勉強がてら、初心者向けのブログ記事作成の仕事に応募して採用していただき、2019年4月~2020年3月まで自動車関連の記事を書いていました。

その後、Twitterで情報をいただき、企業と直接契約できる事を知りました。

ライティングテストを受けて合格し、今は観光系サイトで記事を書いています。

タマ
記事を書いて、いくらもらえるのかニャ?

募集案件によって、1文字0.1円~2円とさまざまですが、現状では1文字1円の案件が多いですね。

3,000文字書いて3,000円。クライアントさんから文字数を指定される場合もあります。

この条件で、月10万円を稼ぐとしたら、3,000円 × 34記事 = 102,000円です。

決して多い金額ではありませんが、文字単価が高くなれば記事数に応じて報酬金額は高くなります。

タマ
どんな人がやってるのかニャ~?

では、Twitterで実際に活躍されている私のフォロワーさんをご紹介いたします。

同年代で、とてもアクティブで頑張っているWebライター「ちゅらさん」です。

Webライターは辛い事もありますが、リサーチが好きな方や文章を書くのが好きな方には、うってつけの仕事です。楽しいし面白い!!

タマ
あ!ちゅらさん黒ニャンコだニャー!

ストアカで先生になるのは、いかがでしょう?

ストアカというウェブサイトでは、あらゆるジャンルの先生を募集しています。

ストアカのミッションは、「身近な人から気軽に学べる社会を創る」

先生になるには資格も経験も関係ありません。必要なのはあなたの「スキル」のみ。

あなたの30分を買ってくれる人がいるかも?

タイムチケットでは、あなたが得意な事を30分単位で売れますよ。もちろん買う事も可能。

私たち60歳前後の人は、それなりに人生経験を積んでいます。もしかしたら、悩んでいる人を助けられるかもしれません。

悩んでいる方も多いようで、心の悩み/カウンセリングのチケットも売れています。

まとめ

個人的に定年退職後は、在宅ワークをおすすめします。年齢不問、学歴不問、初心者OK、服装自由、髪型自由、通勤無し、勤務時間自由です。ただし健康管理はしっかりと。在宅でも仕事をするには、それなりに勉強も必要です。それでは、定年退職後も元気に楽しく過ごしてまいりましょう!



-定年退職

© 2021 cabetama blog