「定年退職後の男性の過ごし方」有意義な人生を送るために

あなたは、これまで一家の大黒柱として家族のために精一杯仕事に尽くしてきたのではないでしょうか。

これまでそうだったとしても、定年退職後の人生は「自分次第」な部分が多い新境地になります。

それだけに有意義に過ごすためには、明確な過ごし方を決めておくことも重要です。

この記事では、定年退職後の男性が有意義に過ごす方法や、そのために大切なことをご紹介します。

 

定年退職後を有意義に過ごすために大切なこと

定年退職後を有意義に過ごす上で、大切なことは大きく分けると3つです。

重要度の高いものから順に解説しますね。

健康

定年退職後を有意義に過ごすためには、何より健康が第一

時間に縛りがなくなると意外と難しい部分ですが、決まった時間に就寝・起床をして生活リズムを崩さないようにしましょう。

無理のない程度に、身体を動かす習慣を身に付けるのもおすすめです。

金銭面

お金があれば、当然選択肢が増えてきます。

漠然とお金に対して不安がある場合は、収入減と必要なお金をシミュレーションして計算するのが肝要です。

日々の生活費だけでなく、医療費などの突発的な出費も考慮します。

理想の生活と金額が離れている場合は、働いて収入を増やすことも検討してください。

具体的な目標

時には深く考慮することも必要です。それでもまず、思うことを紙に書き出してみてはいかがでしょうか。

例えば「旅行をしたい」であれば、どこに?いつ? と深掘りする必要がありますよね。

そこで、必要なお金や時間の詳細などを細かく算出します。

このように具体的な目標から逆算していけば、今何をしたらよいのかわからない状態を避けられるようになります。

 

定年退職後も仕事をするという過ごし方

あなたの豊かな経験と知識は、何にも代えられない財産です。

定年退職後も働くという選択は、素晴らしい社会貢献にもなります。

さらに、社会とのつながりを保つことで健康を維持しやすいのもメリットですね。

「継続雇用制度」「再雇用制度」を利用する

再雇用制度の期間は、65歳までの会社が多いのが現状。

ご自身のスタイルに合うようでしたら、積極的に活用しましょう。

パートやアルバイトをする

昨今、さまざまな業界で深刻な状況なのが人手不足。積極的にシニア層の採用を行う企業も多いようです。

パートやアルバイトの良いところは、自分の過ごし方に合わせて働けることにあります。

興味のある仕事の求人がないか探してみましょう。

起業する

経験豊富なシニア層の起業は、今非常に注目されています。

そして、起業なら定年を考えなくて良いこともメリットですね。

有名なケンタッキーの創業者カーネル・サンダースは65歳で負債を抱えるも、70歳を超えてからケンタッキーを600以上の店舗構えるまで成長させました。

これは、愛と情熱があれば「起業に遅いことはない」ことを証明しています。

強い意志をお持ちで、なおかつ資金がある方は、ぜひ起業も視野に入れてみてください。

 

定年退職後は趣味を楽しむ過ごし方

趣味は人生に彩りを添えます。

存分に趣味に打ち込むのも、仕事をしながらマイペースにやるのもいいですよね。

もしあなたが無趣味だと思ったとしても、新しく何かを始めるとすれば自分の新しい一面を感じるかもしれません。

やりたいこと、好きなことに取り組んでみましょう。

旅行

旅行は、定年退職後に大人気の趣味です。

これまで時間がなかったので「諦めていた旅行先に行く」というのはいかがでしょうか?

旅行で得られる幸せは、物欲を満たす幸せとは異なる幸せです。

複数人で行って交流を深めるのもいいですね。お一人様旅行も最近流行ってるので、1人で行っても違和感はありません。

旅行プランを考えるだけでも楽しくなるはず。

読書

「旅行に行きたいけど事情があって行けない……」といった場合もありますよね。

そんな時に、おすすめなのが読書。

旅行に行くより、お金をかけずに非日常を味わうことができます。

そして、ある程度時間が確保できた状態で本を読むのは、深く本の世界を体験するキッカケになるかもしれません。

最近は朗読サービスも充実しています。そういったサービスを利用することで細かい文字を読む必要はなくなります。

興味のある本を赴くままに読んでみましょう。

野菜作り

定年退職後に野菜作りを始める方が近年とても増えています。

ご夫婦で野菜作りを楽しむのもいいですね。

野菜を育てる楽しみは、作ってみないと味わえません。

自分で育てて収穫した野菜の味は格別ですよ。

未経験でも、畑が無くても、親切に教えてくれるサービスや畑を共有するサービスも増えてます。



楽器演奏

楽器演奏は1人でも複数人でも、楽しさや喜びを感じる素晴らしい趣味です。

非常に高価な楽器を購入したり収集癖を発揮させなければ、楽器という趣味自体にはそこまでお金はかかりません。

触れたことのない楽器に挑戦するとしても弾けなかったことが弾けるようになる感覚に楽しさを感じれば、もう立派な趣味です。

まとまった練習時間が確保できる定年退職後でしたら、上達のスピードもかなり速いと思います。

そして曲が演奏できるようになったら、ライブハウスの飛び入りイベントなどで演奏するのも楽しいですよ。

演奏が上手というのも素晴らしいことですが、心を動かす芸術的な感性は豊富な人生経験によっても培われます。

やるかやらないかは、あなた次第。興味があればぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

定年退職後の過ごし方は自分次第。無限の可能性がある未来が待っています。人生は選択の連続です。明確な過ごし方を選びながら、あなたも定年退職後の人生を有意義に過ごしてみませんか。