広告 定年退職

定年退職後ドライブレコーダーは必需品!おすすめ3品を紹介

2022年7月21日

定年退職後もまだまだ運転したいけど、注意力・運転操作の衰えやあおり運転によるトラブルが心配ですよね。そんな高齢者ドライバーは、多彩な安全機能を搭載した最新のドライブレコーダーを設置しましょう。

この記事では、高齢者がドライブレコーダーを活用する必要性や利用時の注意点、さらにおすすめの機種についても解説します。

【株式会社COLORS】不動産投資・新築不動産購入はこちら

高齢者にはドライブレコーダーが必需品

Free photos of Steering wheel

高齢化が進み60歳以上のドライバーが増え続けており、ドライブレコーダーの必要性はますます高まっています。また、高齢による運転技能低下以外にも必要な理由があるので、詳しく見ていきましょう。

ドライブレコーダーを搭載するメリット

ドライブレコーダーを搭載すると、以下のようにさまざまな場面で効果を発揮します。

ドライブレコーダーの活用効果

  • あおり運転等の危険運転抑止につながる
  • 正確で詳細な記録が残り事故後の手続きを簡略化できる
  • ドライバーの安全意識を向上させる
  • 好きな景色を録画して楽しめる

ドライブレコーダー搭載車であると示せば、相手側に「通報されるかも」という意識が働くため、あおり運転等の抑止力になります。また、事故発生時に状況を映像で残しておけば、相手側と証言が異なった場合でも、客観的証拠として信頼性が上がるでしょう。

一方で、運転中危険な場面に遭遇したときなど、あとで映像を確認すれば運転やクセの見直しにも役立ちます。さらには、気に入った景色を録画し、思い出として残しておく活用法もあります。

実際にドライブレコーダーに記録された参考動画をご紹介します。

駐車場での当て逃げ

前の車がバックしてきてぶつかる

高齢者はドライブレコーダーで自分を守ろう

近年では、高齢者ドライバーによる交通事故がメディアで多く取り上げられています。そのため、たとえ運転能力に問題がなくても、事故が起きた場合は高齢者ドライバーが不利な立場になりかねません。なかには、高齢者マークを付けているだけで、危険な運転をするとみなす人もいます。

これからの時代、高齢者ドライバーは自分を守るためにもドライブレコーダーは必需品です。

こんの
あおり運転対策での購入を検討するなら、前方だけでなく後方も録画できるタイプを選びましょう

レンタル制度を実施しているエリアも

鹿児島県では、高齢者ドライバーによる交通事故対策として、県内の全警察署・幹部派出所でドライブレコーダーを無償で貸し出しています。レンタル制度利用後、なかには「免許返納を決めた」「運転はできるだけ控えようと思った」などの決心をした方もいるようです。

鹿児島県警察ホームページ

録画だけじゃない!ドライブレコーダーの主な機能

ドライブレコーダーは機種によって、録画以外にもあらゆる機能が搭載されています。自分に合った製品を選ぶために、ドライブレコーダーの主な機能を見ておきましょう。

録画

録画には「常時録画型」「イベント録画型」の2種類があります。

①常時録画型

エンジンをかけると録画が始まり、走行中の映像を常に録画し続けます。SDカード等へ記録され、容量を超えると古い映像から順次上書きされる仕組みです。

②イベント録画型

衝突や急ブレーキなどで車が衝撃を感知すると、その数秒~数十秒間を録画するタイプです。また、任意のタイミングで録画ボタンを操作できる機種もあります。

安全運転支援(アクティブセーフティ)

以下のような危うい状況において、警告音で知らせ安全運転をサポートします。

注意ポイント

  • 車間距離の詰まりすぎ
  • 発進遅れ
  • 車線はみ出し
  • 制限速度を超過

身体能力が衰えている高齢者は、運転の判断が鈍る場合もあるでしょう。しかしこの機能があれば、目的地へより安全にたどり着きやすくなります。

駐車監視

走行中の録画に加え、エンジンを切り駐車している間も録画を続ける機能です。駐車場での「当て逃げ」「車上荒らし」「いたずら」などのトラブルが発生しても、証拠映像を残せます。

GPS

スマホにも搭載されているGPSは、車の位置情報や時間を記録できるシステムです。事故やあおり運転などの被害を受けたとき、映像だけでなく正確な場所や時間を記録できます。

おすすめのドライブレコーダー3選

Free photos of Toyota

ドライブレコーダーは機種によって性能がさまざまです。ここでは人気の3種を紹介するので、購入を考えている方は参考にしてみてください。

コムテック「ZDR035」

タイプ一体型・前後2カメラ
主な機能安全運転支援、駐車監視、GPS等
対応メディアmicroSDカード(8~128GB)

ノイズが少ない鮮明な映像を記録でき、また逆光にも強いので、幅広いシチュエーションで安定して使えます。5つの安全運転支援をはじめとした、各種便利機能も充実。全体的なバランスが優れているため、初心者にもおすすめです。

パイオニア「VREC-DZ800DC」

タイプミラー型・前後2カメラ
主な機能駐車監視、後方車両接近検知、急制動検知、GPS等
対応メディアmicroSDHC、microSDXCカード(8~128GB)

独自技術のセンサーにより、夜間走行や暗い駐車場でもナンバープレートまでくっきり録画します。あおり運転・当て逃げ・車上荒らしなどの抑止にこだわった性能が満載です。迷惑ドライバー対策を強化したい方は、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ユピテル「marumie Y-3000」

タイプ一体型・全方面3カメラ
主な機能安全運転支援、駐車監視、GPS等
対応メディアmicroSDHC、microSDXCカード(16~128GB)

前後・左右・車内を録画できるので、バイク・自転車のすり抜けや追い越し車両など、あらゆる状況に対応可能です。SDカードの初期化が不要で、また入れ忘れや不具合が確認できるチェック機能も重宝します。ワンランク上の性能を求める方に適した機種です。

ドライブレコーダー利用時の注意点

Free photos of Road

ドライブレコーダーをより安全に使うためには、いくつかの注意点を守るのが重要です。

事故発生後は録画を止める

事故が起きた場合は安全な場所へ移動し、録画停止スイッチを押すか電源を切り、録画を止めましょう。電源が入ったままだと、録画した事故映像を上書きしてしまう恐れがあります。

映像を定期的にチェックする

録画失敗のトラブルは、本体よりもSDカードなどの記録媒体が原因で起こりがちです。SDカードには寿命があるので、映像を定期的にチェックし、必要があれば交換してください。

取り付け位置は法で定められている

ドライブレコーダーは、基本的にルームミラー・フロントガラス・ダッシュボードなどへ、運転の視界を妨げないよう取り付けます。ただし道路運送車両法により、取り付け範囲は以下のように定められています。

取り付け範囲

  • フロントガラスの上側20%以内の範囲
  • フロントガラスの下側150mm以内の範囲
こんの
もし規定違反が心配であれば、専門業者に取り付けを依頼するのが確実ですよ

ドライブレコーダーで証拠を記録しよう

どんなに安全運転を心掛けていても、事故に巻き込まれてしまう可能性は常にあります。自身に過失がなくても、明確な証拠がなければトラブルへと発展しかねません。

以前は高額だったドライブレコーダーですが、リーズナブルに購入できる製品が多くなりました。ぜひこの機会に、ご自分の目的に合ったタイプを探してみてください。

パイオニア 公式オンラインショップ
パイオニア 公式オンラインショップ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
こんの

こんの

「◆提携ライター」 都内在住のフリーライター。趣味は映画・料理・美術・ジョギング。動物や自然が大好き。脱サラし現在はWebライター+配達業をやってます。ミニマリストな生き方を目指して奮闘中。