PC

「古いパソコンを廃棄したい」その方法や費用相場を解説

パソコンは粗大ゴミとして出せないケースが多いため、適切に処分する必要があります。

またデータの取扱いは、特に注意しないと個人情報流出のリスクも。

この記事では「パソコンを処分したい!」と思っているあなたへ、正しく廃棄・処分する方法詳しく紹介します。

パソコンの処分方法を誤るとどうなる?

A MacBook lit up in rainbow colors on a wooden surface

パソコンを適切に処分しなかった場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。

法令に違反する

パソコンに使われている素材を有効活用するため、国ではメーカーによる回収・リサイクルを義務付けています。(資源有効利用促進法

よって、パソコンは適切に処分しないと法令違反の対象に。

ちなみに、個人が不法投棄した場合は、5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、またはその両方が科せられます。

個人情報が流出し悪用される

登録, ログイン, キーボード, 手, 書きます, 登録するために, 窓, ボタン, Webサイト

パソコンには、メールアドレスやパスワード、クレジットカード情報などのさまざまな個人情報が記録されています。

これらを完全に消去しないまま処分すると、データが流出し第三者に悪用されるかもしれません。

なお「データを初期化すれば問題ない」と考える方もいますが、特殊な手段を用いればデータを復元できてしまいます。

パソコンを廃棄する時は、正しい方法でデータを消去しましょう。

hope
パソコン廃棄後に「アカウントを乗っ取られた」「企業や医療機関のデータが流出した」などの実例もあります
 

パソコンを廃棄・処分する方法は5通り

person using laptop computer holding card

ここでは、パソコンを正しく廃棄・処分する方法や費用について解説します。

主な処分方法は5通り。状況に応じてさまざまな処分方法が考えられるので、それぞれの特徴を見てみましょう。

①メーカーの回収サービスを利用

資源有効利用促進法により、各メーカーには自社製造のパソコンを回収する義務があります。

PCリサイクルマーク付きであれば無料で回収してくれますが、付いていない場合は費用が発生するので注意してください。

データ消去はメーカーが行うものの、あらかじめ自分で処理しておくのが望ましいでしょう。

②リユース企業に依頼

郵便車, メール係, 郵便配達員, メール-女性, 郵便サービス, Usps, フェデックス, Dhl

多くのリユース企業(古物売買を手掛ける企業)が対応しているパソコンの無料回収や出張・宅配回収。

パソコンが壊れていたりPCリサイクルマークが無くても、そのまま回収してくれるので助かります。

また、データ消去のガイドラインもバッチリなので安心ですね。

※環境省認定のリユース企業はこちら!

リネットジャパン公式ホームページ

③自治体の回収ボックスに入れる

小型家電リサイクル法に基づき、全国の自治体では小型家電の回収ボックスを設置しています。

ボックスに入るサイズのノートPCであれば投函できますが、デスクトップPCは難しいケースが多いでしょう。

データ消去は自身で行うよう推奨しています。

なお、回収ボックスの有無や対象品目は自治体によって異なるため、それぞれのホームページを確認してみてください。

hope
プリンターやアダプターなども回収してくれるところが多いです

④家電量販店で下取りに出す

電卓, 計算, 保険, ファイナンス, 会計, ペン, 万年筆, 投資, オフィス, 仕事, 税金

買い替えにともない、古いパソコンを処分したい方が多いのではないでしょうか。

このとき、購入する家電量販店によっては、古いパソコンの下取りサービスに対応しています。

その結果、値引きされた金額で新たなモデルが購入できお得です。

ただし、販売店によってはデータ消去の料金が発生するので注意してください。

※大手家電量販店の例はこちら!

ヤマダ電機

ビックカメラ

⑤中古買取店で買い取ってもらう

パソコンの性能に問題がなければ、中古買取店で査定を受け買い取ってもらう方法もあります。

新しめの製品であれば高価買取が期待できますが、店によって買取価格が異なるケースも少なくありません。

データ消去を行ってくれる店舗が多いものの、不安であれば事前に確認しておきましょう。

 

トラブルになるかも?注意が必要な処分方法

Iphone, 手, 画面, スマートフォン, アプリ, 携帯電話, 電話, コミュニケーション, モバイル

トラブルを避けるため、リスクを含んだ処分方法についても頭に入れておきましょう。

フリマ・オークションで販売

フリマやオークションアプリで売却すれば、店での買い取りよりも高額になる可能性があり魅力的に思えます。

しかし個人間でのやりとりになるため、データを確実に消去できなければ復元される恐れも。

データを完全に抹消できるノウハウをお持ちでない方は、別の選択肢をおすすめします。

不用品回収業者に頼む

無料回収のアナウンスとともに、近所を巡回する回収トラックに遭遇した経験はありませんか?

確かに自分で運ぶ手間がなく、費用もかからないのは利点です。

しかし、中には「必要な許可を持っていない」「あとで高額請求された」などの悪徳業者も少なからずいます。

不用品回収業者を利用する場合は、前もって見積もりや口コミなどをしっかり確認しましょう。

 

パソコンを安く廃棄するには?

少しでも安く廃棄したい方は、以下の費用比較一覧を参考にしてください。

メーカーPCリサイクルマーク付き:無料

PCリサイクルマークなし:有料

リユース企業企業によって異なる
自治体無料(自治体によっては有料オプションも)
家電量販店販売店によってデータ消去の費用が発生
中古買取店無料(買取価格)
フリマ・オークション無料(販売価格)
不用品回収業者無料?(要確認)
 

パソコン廃棄前の必須処理!データの消去・移行方法

ラップトップ, りんご, キーボード, テクノロジー, マック, 申し込み, ソフトウェア, ハードウェア

個人情報流出を防止するため、パソコン廃棄時にはデータの消去が必要不可欠です。

また、古いパソコンに大事なデータがある場合は、廃棄前に移行しておくといいでしょう。

hope
家族や知人にパソコンを譲る場合も、必要な処理をしておくのが基本です

データを消去するには

データを消去する方法は

  • 消去用ソフトでデータを復元不可にする
  • ハンマーなどでハードディスクを物理的に破壊する
  • 専用機材でハードディスクに強磁力をあて損傷させる

などがあげられます。

ただし、素人がハンマーや強磁力で完全にデータを破壊するのは難しいため、業者に依頼した方が確実でしょう。

データ消去のおすすめは「完璧・データ消去3 Windows10対応版」

データ復元のおすすめは「ファイナルデータ11plus 特別復元版」

必要に応じてデータを移行しよう

デジタルデータキャリア, フラッシュメモリー, メモリカード, コンピュータアクセサリー, 写真家の設備

データ移行は、USBメモリや外付けハードディスクへコピーしておき、新しいパソコンに接続して移す手段が最もシンプルです。

なお、WindowsやMacには無料の転送ツールが標準搭載されていますが、OSによってはスムーズに移行できないケースも。

その点、有料ソフトであれば幅広いOSに対応可能です。

バックアップやコピーのおすすめは「Paragon Hard Disk Manager 17 Professional」

また、専門業者に頼めばデータ移行以外の不明点にも対応してくれるので、パソコンが苦手な方は検討してみてください。

まとめ

パソコンを廃棄するときは、法令違反や情報漏洩のリスクに細心の注意を払わないと、取り返しのつかない事態を引き起こします。

お住まいの環境やデータ管理などを考慮した上で、最適な処分方法を見つけてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
こんの

こんの

「◆提携ライター」 都内在住のフリーライター。趣味は映画・料理・美術・ジョギング。動物や自然が大好き。脱サラし現在はWebライター+配達業をやってます。ミニマリストな生き方を目指して奮闘中。