広告 Webライター

「Webライターの営業方法」現役はこの方法で仕事をゲット

Webライターの仕事をしている方は、クラウドワークスやランサーズ経由での受注が多いのではないでしょうか。

ランサーズやクラウドワークスだけじゃダメなのかニャ~?
タマ
rioyadon
全然ダメじゃないけど、直接営業できたほうが自分にピッタリな案件を見つけやすくなるよ!

ランサーズやクラウドワークス以外でも仕事の受注方法はあります。

この記事では、現役Webライターが直接営業する方法と注意したいポイントを解説します。ぜひ参考にしてみてください!

Webライターは複数の営業方法を知っておこう

Webライターの営業方法は、大きく2つに分けられます。

webライターの営業方法

クラウドソーシングサービス(ランサーズやクラウドワークスなど)

直接営業(Twitter、求人サイト、Wantedly)

他にも、オンラインサロンで仕事を受注したり対面営業でも可能です。

しかし、どの方法もそれぞれメリットやデメリットがあり一概にこれが1番! とは言い切れません。

営業方法は手段であり、最終的には仕事の内容やクライアント(発注&編集担当者)との相性が最も重要だからです。

タマ
営業って時間も労力も使うから苦手だニャ~

それでも営業方法が複数あると、自分に合う案件を見つけやすくなります。

Webライターが直接営業して受注する方法は?

ここでは、直接営業する方法と注意点を3つ紹介します。

Twitter

Twitterで直接営業する方法

  1. Webライター専用のアカウントを作成する
  2. 「#webライター募集」で案件を検索したり、ライター募集を専門にしているアカウントをフォローする
  3. DMやリプライで営業する

Twitterは自身の発信活動に使えるだけでなく、Webライターの仕事を見つける場としても活用できます。

ここ最近、Twitterでライターを募集する個人や企業が増えてきました。

スムーズな仕事の獲得に繋げるには、Webライター用のアカウントを作成がおすすめ

ご自身の人物像がわかるようなプロフィール文や画像を使用してください。

Twitterの直接営業で気をつけることは?

Twitterは、不特定多数の場です。

開設して間もないアカウントだと、甘い誘い文句が並んだ怪しいDMが届きます。

経験とは不釣り合いに感じる単価や条件がやたらと良すぎると感じるなど、ヘンだなと思う案件は断りしましょう。

逆の場合もあります。ツイート実績がない新しいアカウントは敬遠されることも。

不安な方はアカウント開設してから2~3日は、ひたすら情報収集して様子を見るのもひとつの手です。

求人サイト

求人サイトで直接営業する方法

  1. 「webライター 募集」と検索する
  2. 条件の合う仕事に応募する

探せば大手求人サイトにも、Webライターの求人があります。

個人的には、タウンワークとインディードがおすすめ。

「タウンワーク webライター」

「インディード webライター」

で検索すると、いろいろヒットします。

業務委託やアルバイトだけでなく、正社員も多いのが求人サイトの特徴。

選考はオンライン面談が多いので、質問されそうな内容を回答できるように準備してください。

求人サイトで気をつけることは?

会社への出勤が必要な案件も意外と多いです。

思い違いを防ぐにも、条件の確認をしっかり行うのが大切。

在宅で仕事をしたい場合には「在宅ライター」で検索するのがおすすめです。

Wantedly

Wantedlyで直接営業する方法

  1. プロフィールを充実させる
  2. 気になる求人ページで「話を聞きに行きたい」からメッセージを送る

Wantedlyは、ワーカーと企業を結ぶビジネスSNS。

通常の求人サイトと異なる点は、ベンチャー企業の多さです。

ワーカーに優しいサービスなので、Webライターが最初の直接契約を獲得する場としておすすめ。

Wantedlyで気をつけることは?

・Wantedlyの利用には登録が必要。(Facebook、Googleアカウントがあればログイン可能)

・求人を掲載しているのは全て企業。

・求められるレベルが専門的な案件も多々。

募集要項が具体的で細やかな案件もあれば、ざっくりな場合もあります。

開始してから「専門的過ぎて書けない……」となると困ることになりますので、不明な点は事前に確認してください。

Webライターの直接営業で最も注意したいこと

最も注意するポイント

時間は有限!

いろんな営業方法を知ると、案件っていっぱいあるんだニャ~
タマ
rioyadon
ゆくゆくは自分に合う営業方法に絞っていくのも大事だよ~

最初にいろいろな営業方法にチャレンジするのは大事です。

自分に合う営業方法を見極めるのは、さらに大事。

案件を獲得しても、慣れるまでは執筆に時間がかかりますよね。

そのため、学んだ営業方法を一通り試したあとは絞っていくのがおすすめ。

執筆するのも案件を探したり営業するのも、意外と時間がかかります。

時間は誰にでも平等に1日24時間です。有効に使いましょう。

時間や労力で考えて良い部分を模索するような感覚で、自分にとって最適な営業方法を選択してください。

■あなたにおすすめの記事

「Webライターの求人を探す方法」直接契約ってできるの?

Webライターとして稼ぎたい場合はどこで仕事を探せばいいのでしょう? 未経験でもWebライターに応募して採用されるのかな? クラウドソーシングを利用してきたけど、直接契約できないかな? Webライター ...

続きを見る

Webライターは直接営業の方法を知っておこう!

対面での営業が苦手だったとしても、非対面のコミュニケーション技術を磨けばWebライターの営業はできます。

Webライターに必要な文章で伝える力を駆使して、あなたにピッタリな案件を獲得してください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
rioyadon

rioyadon

「◆提携ライター」 rioyadonです。Webライターをやってます。音楽・オートバイ・お酒が趣味です。映画・読書なども好みます。ギターや鍵盤楽器を演奏しますが、最近はできてません。メタルドラマーの夫と二人暮らししてます。